ROLFING®による身体の進化的再生

RolfingwithJeff

Session in progress with the Advanced Rolfing instructor, Jefferey Maitland.

 

ロルファー田畑浩良公式サイトへようこそ! 

ROLFING Evolutional Regeneration

外からの介入に頼らなくても、重力と周囲の空間との関係性を改善できれば、自ずと疲れにくい活力に満ちた"動ける"身体と、平穏な心を取り戻すことができます。身体を大切な資本として、健康寿命をできるだけ長く、現役でありたいと考えるすべての方々にロルフィング®をご活用頂ければと思います。

If you could improve the relationship between gravity and the surrounding space without depending on particular interventions from the outside, you would be able to regain the body that is full of energy that is not easily fatigued. With the body as an important resource, I hope that you can use Rolfing® for everyone who wants to be as active as possible, with a long healthy life.

SESSION

セッション

 
ロルフィングセッションwith Jeff
初めて受けた田畑さんのセッションはある意味、驚きました。というのは、 "本当に、触れたかどうかの距離感というか、触れ方が何か物足りなさを感じるんだけれども、それを充足させようと、今度は自分の内側からそれを補おうというものが引き出されているものを感じたからです。"  
詳しくは詳しくは

 ROLFER

田畑浩良

ロルファー田畑浩良

私が興味があるのは、持続性のあるバランス。そのためには、自発力を奪わないように変化を内側から引き出すこと。定着する実りある変化がもたらされるためには、介在が必要最小限であること。受け手の主体性を損なうことなく、本来備わっている自己組織化・調整能を尊重した繊細なワークを追求しています。     

詳しくは詳しくは

WORKSHOP

体験的に学ぶ

 
facutlymeeting
Rolf Instituteのムーブメント教員として2009年から、イールドと空間的な間合いを用いたRolf Movement認定コースを提供しています。福島での支援活動、一般向けのワークショップや、様々な方々とのコラボワークショップも開催しています。
詳しくは詳しくは

CONTACT 

連絡先

ロルフィングの申込み
無理に何かを押しつけられたり、強要されることのない、より自由な身体を引き出してもらえるような、自分が受けたい繊細なワークを追求しています。
連絡する連絡する
予約する予約する

 お知らせ

○ロルフ・ムーブメントワークショップ情報:
今年から、Rolfing10シリーズを深く理解して、様々な例に適用し応用可能となる方法論をご紹介します。各セッションのために、3日間みっちり学ぶことで、最終的にYieldingによってシリーズを構築できるようにサポートします。また、この最低3日間のクラスに参加することは、欧州ロルフィング協会のベーシックトレーニングの最初のスペクトルに参加するための一条件を満たすことができます。詳しくは、Rolf Movementワークショップ
○イールドのアートに関するインタビュー記事の日本語訳をアップしました。
○昨年末に身がまま整体の片山洋次郎先生と共同宣言した、空間身体学を広めていきたいと思います。
○2020年1月号雑誌ソトコトで、 日欧講師共演、ロルフムーブメントワークショップについての記事がオンラインで読めます。そして、そのクラスの合間に行われたインタビューも公開しています。
○2020年1月から期間限定ですが、新しいメニューCS60 x Yielding。シリーズもいいけど、その前にとりあえず、鈍くていろんなことが感じにくいカラダから回復リセットするためのセッション、はじめます。
○最近の田畑のワークをよく表しているAdvanced 5シリーズの体験記 が届きました。僧侶の方が統合を深めたいという動機で始めたシリーズです。
○モニタープログラム募集開始しました。12月12日で、Rolf Institute教員10周年になります。その記念企画として10名限定で募集します。詳細お申込み(残りわずか)
○片山洋次郎先生の新著「呼吸をふわっと整える」の中で田畑のコメントを引用頂きました。 呼吸についての書物の中で最も共鳴する普遍性を持った内容の著作です。
○2020年ポートランドで開催される国際ストラクチュラルインテグレーション協会主催会議で、The Art of Yieldについて発表してきます。詳細
○Rolf Institute 機関誌Structural Integrationに記事が掲載されました。体表の重要性と、身体が秩序に向かうヒントになればと思って書きました。英語ですが、よかったら読んでみて下さい。 Superficial Layer as Sensory Envelope
○LINE@を通じて、ワークショップのお知らせやセッション情報についてもお知らせします。これは個人アカウントではなく、ロルフィング、空間身体学、コラボ企画に関していち早く最新情報をお知らせするためのツールで、セッションの予約にもご利用頂けます。お申込みメールが届かないことがあるので、採用することにしました。よかったら登録(友だち追加)してみてください。LINE@情報

HOME